ワサビマンゴUSB Type-A – Type-C Gen 2ケーブル

ワサビマンゴから今回新しく出したこのUSBケーブルはもともとUSB 3.0と呼ばれていた今の3.1 Gen 1を遥かに上回るGen 2という規格をサポートしています。

未だにGen 2をしっかりサポートしている機種もないが、こういうところこそ消耗品の仕事ではないかと思います。安く買えるアクセサリーがなければ、伝送規格の環境も整えるとは思えません。

確かに、後方互換もあるし、ただ携帯を充電するだけでも問題はありません。

 

とにかく、これを早速使ってみたいです。

コミュニティからもらったステッカーは、所属感を刺激しますね。

リサイズのせいで、文字が見られなくなりましたが、色々長所を書いてあります。いわゆる自己アピールというやつですね。

プラスティックバック以外に、中に包まれているものはありません。

すでに丈夫なので、投げられたら痛いかもしれません。

ケーブルの表面には80℃、30V、VW-1、USB 3.1 HIGH SPEEDと書かれてあります。

流石にケーブルのスペックを自慢するようで、頼もしいところがありますね。

Galaxy Note 8での高速充電メッセージが出ています。これはQC 2.0のみサポートしていて、Adaptive Chargeという機能を正品充電器で使えます。QCのバージョンに惜しいところはありますが、このケーブルには容易いものだったようです。

USBテスターに表示されている電力量は11Wです。

電圧とともに心臓の鼓動が速まりますが、今までのケーブルは電圧は上がっても、電流が落ちたので、イライラしていました。

特に、12Wぐらいでコネクター当たりが熱くなる下の銀色ケーブルに持っている失望に比べるものではなかったです。格が違います。

そして、引き出しから出したLumia 950を充電します。
主が忘れ気味で、いつも放置で電源が入らないくらいでした。

電圧が低いのは、Lumia 950で入れられなかったQC 技術です。