WebSocket 今日の困惑事例

ブラウザのデベロッパーツールを見ると、まず見えるのはインスペクター機能ですが、それ以外にもネットワークという実用的なタップがあります。

主に、アプリを作るとき、ウェブの情報を持ち出すにはHTMLの要素を分析するのも方法の一つですが、スクリプトを通じてリアルタイムで情報を非同期で持ち出すことの方も珍しくないからです。

特に、有益な情報はスターチックの場合はあまりありません。

 

この場合、ネットワークでは特に何も見つかったHTTPパケットがないのに、活発にデータの更新が行われることがあります。

最近、流行っている仮想貨幣の価値はリアルタイムそのものではないと、まったく意味がありません。リフラッシュなしに、すぐに確認できますね。

これは、HTTPコネクションを通じて非同期でダウンロードは負担が高いので、HTML5で導入されたWebSocketというものが使われているそうです。

WebSocketはコネクトの待機時間とヘッダーの伝送が不要になるため、素早くリアルタイムで情報を受信するのに向いています。

こういう流れとともに、ブラウザでのサポートツールも増えています。

Chromeは代表的な事例で、Canaryから披露した機能はもう正式バージョンにも載せられ、WebSocketの分析は今すぐできます。

しかし、その画面には何もありません

 

 

Nothing Here
Nothing Here

これをどうすればいいでしょうか。

Chromeのインストールがうまくできてないのか、そう悩むしかありませんで敷いた。

Firefoxもネット上では可能だと書かれておりますが、最新バージョンに合わないので、プラグインのインストールができませんでした。

そして、ついにたどり着いた「今回のオチ」は次のようになります。

 

 

Chrome Dev Tools WebSocket
Chrome Dev Tools WebSocket

出所: https://stackoverflow.com/questions/44533111/chrome-59-websocket-frames-no-longer-visible-in-devtools

 

もう言葉が必要ありません。無事で、データの分析を終えました。

 

これからの問題はこれをどうやってクライアントから接続するかですね。

できたら、ここに方法を整理してみましょう。

 

Jinbaek Lee

일본 외노자입니다.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です