[SCITマスター作文] 2017年12月26日

IT技術を使った新しい広告を考えてください。

あらかじめ

  • この主張は論理の展開のために選ばれたもので、自分の考えと一致しているとは言えません。
  • 日本語で書いてから、韓国語に翻訳する順になりました。

作文

私は音声アシスタントによる情報提供形の広告がこれから増えていくのを想像してみました。つまり、今まで視覚に依存していた流れを遡りに反して、ラジオに似ている形式に変わる変わっていくということです。

なぜなら、N-ディスプレイ時代で、テレビや映画館、スマホ、どれも広告主に広告の効果を保証できないからです。アマゾンのエコーやグーグルのホーム、SKテレコムのヌグなどの音声アシスタントでお勧めの製品を加えるのは簡単なことでしょう。

たしかに、聴覚だけの広告は物足りないという意見もあります。しかし、限られた予算で広告を流すには、一度で高い効果が期待できる方を選ぶのが自然でしょう。

ですから、これから音声アシスタントによる公告がIT技術共に広まると思います。

先生の修正コメント

発想はいいと思います。

部分的な表現が分かりにくい所があります。

感想

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。