realLyrics / realLyrics+ レアル歌詞 (2011)

realLyrics playing screen
realLyrics

レアル歌詞はオンライン『ALSong』(ESTSoftのアプリ)サーバーから歌詞を検索して、ユーザーが今聞いている音楽とシンクを合わせて表示してくれるWindows Phone 8向けの音楽プレイヤーアプリです。

開発のきっかけ

新しいOSであるWindows Phone 7.5 Mangoが世の中に出され、韓国にも出るかも知れないという期待が高まっていました。私は自分で海外購入したSamsung Omnia 7というWindows Phoneスマートフォンにすぐはまりました。しかし、使用できるアプリがまったくないという状況に落胆するしかありませんでした。そして、ないなら自分で作ってみようという新たな目標で胸が熱くなりました。

Zuneのデザインコードを受け継いだWindows PhoneのMetro Designはまるで白紙のキャンバスのように、想像力を刺激してくれました。このシンプルなデザインコードに合わせて、貧弱なプレイヤー機能を補強する工夫を始めました。

開発の言語とツール

  • C# / XAML
  • Microsoft Visual Studio 2010
  • Windows Phone 7.1 SDK

助力者

  • Assets(Icons): Zenyr (Jinhyeok Lee), 初期バージョンに使用

集計使用人数

  • Windows Storeダウンロードおよそ56,000件(2012年1月 ~ 2017年12月)
  • 有料購入90人
    (ALSongLyricsの時の使用者を除く)

プラットフォーム

  • Windows Phone 7.5 Mango以降
  • Windows Phone 8, 8.1 Silverlightバージョンはあとで開始

開発期間

2011年6月 ~ 9月, 提出失敗により修正を繰り返したことを含む

サービス期間

2012年1月 ~ 現在

主な機能

  1. ユーザーが持ってるソングのリアルタイム歌詞の確認
  2. 音楽の選曲をアルバムアートの表示
  3. 合わない歌詞の場合、変更可能

開発の時の特異事項

  • HTTP RequestをSilverlightで初めて使用してみて、delegate代理者も初めてでした。
  • System.Net.HttpWebRequestの使用法を初めて身に着けました。
  • Json Parse方法を身に着けました。

感想

  • 『ALSong』の著作権の侵害の疑いがあって、一度非公開になったことがあります。機能の問題はなかったため、アプリの名前を変更してから無事にサービスできました。
  • クラスの管理が未熟でした。維持保守に難しいMainForm.csとなりました。
  • Xna ClassがWindows 10からはXbox Music, Groove Musicとのリレーションがなくなって、音楽の再生機能の連動もなくなりました。独自に動作します。

ダウンロード

ソースコード

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です