サムネイル

6月7日(水)「総合診療医 ドクターG」選 患者の訴え「背中が痛む」

患者は、姑の介護で、心身ともにストレスフルな生活を送っている50歳の女性。1年ほど前から、ときおり背中に刺すような痛みを感じていた。介護疲れか、更年期障害か、それとも何かもっと恐ろしい病気かも…と不安に思っていたところ、ある夜、娘と電話しているときに、突然激しい痛みに襲われた。肩やあご、胸も痛む。驚いて実家に駆け付けた娘とともにドクターGの病院へ。問診を続けていくと…
【ドクターG】 岡山大学病院 医師・片岡仁美
【ゲスト】 早見優、六角精児

~微小血管狭心症(びしょうけっかんきょうしんしょう)~
心臓の微小血管が狭まって、血流が悪くなる病気です。閉経前後の女性でおきることがあります。原因は、動脈硬化を防ぐ作用のある女性ホルモン(エストロゲン)の分泌がへることによるといわれています。症状は、胸や背中の痛みなどで、比較的、安静時に起きることが多いとされています。更年期障害の女性のうち、10人に1人がかかるという調査もあり、心筋梗塞に至ることもあります。
治療は狭心症薬のうち、カルシウム拮抗薬やニコランジルを服用します。

症例の患者は、いろいろな医療機関をまわって、心電図やエコー、CTなどのほか、専門医のもとで心臓カテーテル検査までしましたが、異常がみつかりませんでした。
「微小血管狭心症」を疑ったドクターGが、専門の医師に特別の検査を依頼したことで、確定診断することができました。カルシウム拮抗薬を長期間服用することで、痛みがでることもなく、元気に過ごしています。

出所: http://www4.nhk.or.jp/doctorg/196/

注目する単語

  • 急性心筋梗塞きゅうせいしんきんこうそく: 급성심근경색
  • 狭心症きょうしんしょう: 협심증
  • 冠攣縮性狭心症かんれんしゅくせいきょうしんしょう: 관련축성협심증(변이형 협심증의 일종)
  • 大動脈解離だいどうみゃくかいり: 대동맥해리(대동맥 박리)
  • 心臓しんぞうカテーテル: 관상 동맥 조영술
  • 高安病たかやすびょう, 高安動脈炎たかやすどうみゃくえん: 타카야수 동맥염
  • 自律神経失調症じりつしんけいしっちょうしょう: 자율신경실조증
  • 微小血管びしょうけっかん: 모세혈관

感想

二度目の翻訳になると、手軽久喜子悦単語が増えました。しかし、声が小さいドクターGや、慣れていない単語の登場はまた難問でしたので、繰り返して聞くしかありませんでした。特に、今回の症例はあまり知られていない疾患であったため、監修を担った韓国の専門家もまた驚いたと言いました。

画像について

画像は自分て録画したもので、提供できません。原作者の権利が優先します。

Doctor G-NHK World2017-06-08の韓国語字幕