[SCITマスター作文] 2017年12月11日

ドラえもんの新しい道具を発明するとしたらどんな道具が欲しいですか。

あらかじめ

  • この主張は論理の展開のために選ばれたもので、自分の考えと一致しているとは言えません。
  • 日本語で書いてから、韓国語に翻訳する順になりました。

作文

私はドラえもんの新しい道具を発明するとしたら、「何でも残せる思い出のディスケットフロッピ」が一番欲しいと思います。ここで「ディスケット」は何故か「USB」より慣れた気がしたので、決めてみました。

なぜこの道具が必要かというと、今の道具であるカメラやレコーダー、カムコーダーは限界があるからです。「思い出のディスケット」さえ持っていれば、いつでもその時に入って、体験ができます。首を動かしたり、歩き回ったりして、その記憶をずっと楽しんでみたいと思ったときは誰でもあるはずです。

もし、私がこの道具を使えるとしたら、旅行の時をまた体験したいです。なかなか行けない、アメリカの眩しい砂を歩いてみるのは、夢とは段違いでしょう。

ですから、私は記憶を形にする「思い出のディスケット」が欲しいと思います。

先生の修正コメント

いいですね~ 私もその道具一度使ってみたいです!いつに戻ろうかな…

感想

自分も知らないままで、書き込まれる作文もあります。これはまさに自然そのもので書かれました。しかし、漢字の間違いにも鈍くなるのは気を抜けてはいけない理由です。

[SCITマスター作文] 2017年12月11日” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。