[SCITマスター作文] 2017年11月6日

精神的に問題を抱えているとき、お酒やタバコは役に立つと思いますか。

あらかじめ

  • この主張は論理の展開のために選ばれたもので、自分の考えと一致しているとは言えません。
  • 日本語で書いてから、韓国語に翻訳する順になりました。

作文

私は精神的な問題を抱えている時、お酒やタバコなどは役に立たないと思います。なぜなら、お酒とタバコは依存性があり、結果的には身をお酒とタバコにまかせる状態になるからです。依存したあげくに、自分の体を壊すことになるのは十分予測できます。

たしかに、お酒を飲むと心身ともに楽になるし、タバコを吸うと冷静になり、イライラとストレスの対策にもなると言う人もいますが、あれは普段の方が精神的ストレスなどに弱くなって、感情のコントロールを失った結果に過ぎないという意見もあります。

ですから、私は精神的な問題を抱えている時、お酒やタバコは役に立たないと思います。

感想

助詞一つ間違ったことで済んだのはいいものの、お酒を三回も氵(さんずい)を書かないミスをしたことは恥ずかしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。