Remote FXを有効にして、設置、設定する方法

このドキュメントはリモートデスクトップとHyper-Vセッションで、 RemoteFxを有効にする方法について説明します。これにより、ユーザーはRemoteFXの技術を使って、より進歩した経験ができます。

要求バージョン

  • RemoteFXが可能なWindowsベースOS (2008 R2、2012、2012 R2など)

説明

次の情報は様々なMicrosoftの資料から収集されたものです。要するに、要求事項と、セッションあるいはVMベースのRemote Desktop Services(以下RDS)のリリースの時、RemoteFXを有効にする方法と設定を表します。

セッションベースのRDSの配布

セッションベースのRDSの配布に必要なもの

  • RemoteFXサーバーのプロセスはストリーミングSIMDエクステンション2(SSE2)命令をサポートしなければなりません。
  • RDセッションホストサーバーとクライアントの間にLAN速度のコネクションがおすすめられます。

設定

リモートデスクトップセッションホストロールが必須です。
(サーバーマネージャー > 役割と機能の追加 > リモートデスクトップサービス > リモートデスクトップセッションホスト)

ローカル グループ ポリシー エディター

ローカル グループ ポリシー エディター

続いて、次のグループポリシーを設定します。 (gpedit.mscをアドミニストレーターの権限で実行します)

コンピューターの構成\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\リモートデスクトップ サービス\リモートデスクトップ セッションホスト\リモート セッション環境

設定

  • 色の解像度を制限するクライアント互換または32 ビット設定
  • RemoteFXを有効にする

リモートデスクトップセッションホスト設定からでも、カラーの設定はできます。

RemoteFXサーバーを再起動しなければなりません。

VMベースRDSの配布

VMベースRDSに対する要求事項

  • Hyper-VベースVMの配布
  • SLATができるプロセッサー (Intel: Extended Page Tables (EPT), AMD: Nested Page Tables (NPT))
  • GPU (RemoteFXサーバーにすくなくとも一つ以上のGPUがついていること。GPUドライバーはDirectX 9.0cまたは10.0をサポートが必要。GPU複数ある場合、同じGPUで揃われていること。GPUはシステムメモリーとは別に十分に確保していること。)
  • RDセッションホストサーバーとクライアントの間にはLAN以上の速度の連結がおすすめです。

設定

  • リモートデスクトップの仮想化ホストコアーサービスとRemoteFXサービスの役割も設置が必要です。
    (サーバーマネージャー > 役割と機能の追加 > リモートデスクトップサービス > リモートデスクトップ仮想化 ホスト)
  • (Hyper-Vサーバーに)グラフィックカードドライバーの設置

参考: RemoteFXサーバーに最新のグラフィックカードドライバーの設置完了をしてください。

Hyper-V設定

  1. Hyper-V マネージャーを起動します。
  2. 仮想マシンから対象のマシンでマウスの右ボタンを押して、設定に入ります。
  3. RemoteFX 3D ビデオ アダプターの追加します。
  4. 仮想マシンが実行中ではない場合、実行します。そして、接続します。
  5. ローカル管理者グループ使用者にログオンします。
  6. RemoteFX 3D ビデオ アダプターのドライバーが設置が実行されます。指示通りに、システムの再起動をします。
  7. そしたら、仮想マシンはRDPのみで接続できます。(Hyper-Vの接続画面はアダプターを切るまでは作動しません)

出所: http://2x.helpserve.com/knowledgebase/article/View/233/10/how-to-enable-and-configure-remote-fx

Jinbaek Lee

일본 외노자입니다.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です