チキンの魅力

韓国で愛されている代表的な料理の一つとして、チキンはサムギョプサルと肩を並べるくらいのそんざいです。다.

チキンの特徴は厚い揚げ衣、カリカリする歯ごたえ。好みによる多様なソースがあります。(もちろんソース無しのフライドチキンも選択の一つです)

その華麗なる存在にふさわしく、値段も毎年飛び跳ねてきて、1万ウォン後半から2万ウォンも目にすることがあります。

出前の代表的料理ですが、配達料が含まれているかどうかでブランドごとに激しい談合と競合で社会的に話題になったこともあります。結局値上げになりましたが…

とにかく、その人気を背負って物価まで動揺させる存在で、その秘訣は他でもなくその味にあるでしょう。

唐揚げとの違い

一方、チキンを口にしていた韓国人は日本に来てまったく別の食べ物に遭遇します。それは、唐揚げです。

唐揚げの特徴は、ほぼないのと当然の薄い衣です。その分、肉の中に味が深く染み込んでいて、おかずとして美味しく食べられるし、衣に隠れてないから肉が充実しています。

実は韓国の弁当店、ハンソツドリラックという店では、唐揚げを使ってチキンのお弁当などを作っています。唐揚げの味はだんだん韓国人にも慣れていきます。

比較より一口

レモンをかけるかどうかで盛り上がるくらいの役に立たない争いでしょうが、韓国人はチキンに慣れていて唐揚げに必要以上に嘆く傾向もあります。

実はそれぞれの長所があるにもかかわらず、慣れていたものしか口にしないからでしょう。

同じことがピザにもあります。韓国では海鮮も肉も上にチーズと乗せて豪華な材料で作るピザが一番ですが、アメリカやイタリアでは簡単な構成をしています。

どちらかがよくてよくないものはないでしょう。

番外: KFC

KFCは揚げ衣も十分厚いし、中にも味が染み込んでいます。どちらに分類されるのでしょう。

番外の番外: 中華唐揚げ

唐揚げの唐が中国の国の名称だったので、思い浮かびました。中華料理はおいしいですから。