「C:\」などであやしいフォルダがドライブルーツから見つかったら…

変なフォルダ

Windows エクスプローラーでの設定で隠されたフォルダを見えるようにした方がいらっしゃったら、
韓国のあるサイトの訪問後、こういう状態になります。

フォルダの名前はまさにあやしいです。

変なファイル

中にはフォルダなみのネーミングセンスをもったファイルが一つあります。
フォトとはいえ、内容はまったくイメージではありませんので、普通には開けません。

変な内容

ヘックスエディターで確認できます。
ここではHxDという無料ツールを使用しました。

そして、問題は解決されました。
AhnLabはV3というワクチンソフトを作った韓国の会社です。

Ransomwareを防ぐための方法だそうです。
ファイルの変異が見つかったら、その行為を起こしたプロセスが退治されるでしょう。

変なアプリ(マジで) 「パソコンウイルスのワクチンか?お前が?」

ま、こういうやつが普段からないほうがパソコンにやさしいのではないか、なんていつも思っています。

カテゴリー: IT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です