SCIT Schedule Hi (2018)

SCIT Schedule Hi
SCIT Schedule Hi

SCIT Schedule HiとはSCIT Masterの在学中の学生が手軽に自分の志望企業に関するスケジュールを確認し、変動事項をアラートにより分かるプログラムです。

開発動機

SCITの面接シーズンになり、学生の生活は不安そのものになりました。不安を抱き、施設内のサイトでF5を連打する姿はまるで健康的ではありません。接続しなくても、ただアプリを起動する、それどころか、パソコンを起動するだけで自分のスケジュールの確認ができたらさらに便利でしょう。そうなると、GET1回、POST1回の2回の要請が、POST1回に減り、更新間隔も縮めることができます。ポーリングのリクエストもよりシンプルになり、施設の側からみても、トラフィックの低減ができますね。

開発の言語とツール

  • Language: C#
  • Tool: Visual Studio 2017
  • Template: WPF Application

対象ユーザー

  • SCIT Master 34期のメンバー

対象プラットフォーム

  • Windows 7 以上 (.NET Framework 3.5, Included in Windows 7, Others’ll be Auto Installed)

使用技術

  • Used Class & Method: WebClient > UploadDataAsync
  • Library: NewtonsoftJSON
  • Components: ListView DataTemplate, NotifyIcon

開発期間

2018年5月14日~5月15日

サービス期間

FS サービス(施設内のサイト)のリニューアルの前まで

主な機能

  1. 新規スケジュールの確認、日付のソート、ヒストリーの表示
  2. フィルターの入力とセーブ
  3. 変更事項の発見(常駐更新あるいは次回の起動)の時、TrayでBalloonまたはToastNotificationでアラート

開発過程の特徴

  • 設計がまったくなくてもいいと言うくらいに、シンプルに構成しました。その影響で、Singletonはふさわしい部分にStaticで処理したところもあります。
  • WebClientのPOSTリクエストの場合、UserCancelled Errorが発生することがあります。これはバグによることだと思います。再確認ルーティンを強化して、要請をしつこくしながら、ネットワークのエラーにも対応ができています。

感想

  • 誰かには待ち焦がれていたアプリで感謝の言葉を聞きましたが、誰かにはこれがなぜ必要か説明から難しかったです。
  • WebClientの古いEvent方式を活用しました。async, awaitもよいと思いますが、イベントハンドラーのメソッドもコードの管理では長所があると思います。
  • OS交換性を考える必要があります。java consoleだったら、Macでも起動できたかもしれません。

内部サイトを使用している分、バイナリーの公開は保留中です。必要な場合、直接ご連絡ください。

ソースコード

SCIT Schedule Hi (2018)” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です